スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.31 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    girls ZINE 女子のためのジン案内

    0

      さて、先日自分なりのzineを勢いにまかせて(笑)作ってみたわけですが、自分自身zineとかに詳しいわけでもなく、自分が作ったものをzineと呼んでいいのかもイマイチいまだにわかってなくって・・・。←そんなに難しく考える必要なんてないかもだけど、最初のイメージが「近況をお知らせする杉浦さんみたいな新聞を作りたい!」なのでどうもそれから脱皮できてない気がします。

      何だか知識仕入れたいな〜、でもネットだと情報量が多すぎてどこから見ていいのかわからないなぁ〜ってことで1冊の本を買ってきました。
      先日の記事で「zineってなぁに?」とか「はじめて聞きました」っていうお声もいただいてたので、それの答えにもなるんじゃないかと思います。

      ちなみに同義語としてはリトルプレス、ミニコミ、同人誌なんかが挙げられてます。
      要は出版社を通さずに個人で作ったものというところでしょうか。
      フリーペーパーに近い側面もあるけど、必ずしも無料というわけではありません。
      自分が作る側にまわってみるとそれはそうだよねぇ。
      どこかのスポンサーやチラシ広告料がない限り制作費は自腹なわけだし、送料もかかるし、個人の方(もしくはグループ)で作ったと言ってもめちゃくちゃハイレベルなものもあるわけだしね。



      DVC00272.jpg
      中身はというと・・・「あたしもこんなの作りたい!」という同調よりは個人でこんなことまでできるんだぁっていう感嘆の方が大きかったわけだけど、ネットよりこういう紙媒体のほうが頭に入ってきそうなので教科書みたいな感じ。
      いつでも好きなときに好きなところだけめくれるのがいいですよね。
      これから付箋貼りつつ、そのテクニックを自分のものにしようと思います。

      zineの歴史や由来、作り方とか実際に作ることを想定して書かれてるページもあるから、作ってみたいけどどうやったらいいかわかんないという方にもいいんじゃないかな。
      あたしの場合はこういうものを作りたい!ってイメージが先に出来てるので、この本に出てきたものをどうこうというより、こんなことができるのね〜っていう気持ちの方が大きかったんだと思います。




      ちなみに・・・あたしは今までは絶対に1号につき1枚の紙がいい!って思ってたんだけど、製本もこれ楽しそう!って思えるのを見つけたので、挑戦しよっかなぁというアイディアをゲット。
      今って昔に比べてブログを書籍化したり、ケータイ小説があったりと出版への門戸が開かれてるなぁと思うことが多いんだけど、それよりも更に身近に感じられるのでは・・・?



      あたし自身、新聞作りをしたことがあるわけではありませんが(正確に言うと小学校のときに学級新聞みたいなのを作ったことあるとは思うけど、1回だけだったし、当時は興味なくって記憶にもほとんどないのでノーカウントで)、ブログやなにかで発信されてる方はそれを紙に書いたバージョンって考えれば身近に感じられますよね。(あたしが作ったvol.1はまさにそんな感じの形態でした)

      それでなくてもここは文房具好きさんがこられることが多いから自分がノートに書いてることをちょっとだけ誰かに向けて書いてみたらきっとそれは立派なzineなんだと思います。

      あと、この本を読んでて、zineって複数ページのものを指すのかな?ってなんとなくですが感じました。
      あたしが最初に作りたいとイメージしてたのは1枚の紙に色々書いたものだったので、正確に言ったらzineじゃないのかも。
      ただ、自分なりに調べていく中でzineって割とおおざっぱなくくりっぽいので1枚の紙のzineだって世の中にはいっぱい存在するのかもしれません。
      (本に取り上げられる=ある程度は凝ったもの、本格的なものが多いだろうし)

      少しずつだけど、自分の中でzineってどんなものなのか、どういうものを自分が作りたいのかちょっとずつ方向性が決まってきた気がします。
      あたしは割と形から入るタイプなので、知識があるに越したことないし。



      そんなわけで、また新しい趣味が1つ増えました。
      あれもこれも手を出しすぎて中途半場に終わらないように気をつけたいと思います!


      ではでは今日はこのへんで。
      今日のバナーは本と同じピンク〜♪
      ここ何年でアウトドアやカメラや文房具とか「女子」に特化した雑誌や本や特集が組まれてて嬉しい限り。
      いくつになっても「女子」という言葉を使っていたいものです(笑)


      にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
      にほんブログ村


      有川浩さんの「ゆず、香る」

      0

        DVC00035.jpg

        DVC00039.jpg
        秋晴れとはよく言ったもので、最近夕陽のシャッターチャンス!って思えることが多い気がします。
        下の写真なんて、一番星まできれいに写っちゃったよ。
        黄昏時とはよく言ったものですが、気に入った写真が撮れたらしんみりじゃなくなっちゃうのがあれですが。



        2週間ほど前に例の友達からメールがきました。
        共通で大好きな小説家さんの本買ったよ!って。
        買いに行った本屋さんに置いてなかったり、風邪ひいたり・・・で週末にようやく手にすることができました。



        DVC00031.jpg
        入浴剤つきの小説です。
        ご存知の方も多いのでは?
        有川浩さん(阪急電車とかフリーター、家を買うを書かれた方です)の「ゆず、香る」。
        もっぱらエッセイ専門なあたしですが、この方の本だけは全部持ってる位大好きな作家さんです。
        出身が高知なので、よく高知の話題が小説に登場するんですよね。
        高知に縁のある方であればもっと楽しいだろうなぁ・・・行きたいなぁなんてあたしは思ってます。



        中身はこんな感じ。



        DVC00032.jpg
        短編の小説と柚子の香りのする入浴剤が入ってます。
        入浴剤のにおいが移ったのか小説からも柚子のいいにおいが・・・。
        しかも馬路村の柚子使ってるんだって!
        この存在自体あたしは有川さんの本ではじめて知りましたが・・・お勧めです!
        大きいスーパーやKALDIにこの村で作られたゆずポン酢売ってるんだけど、おいしいですよ〜。


        読書の秋とか秋の夜長に・・・とはよく言ったものですけど、こういう手法は新しいですよね。
        お風呂でも読める短編なので、読書は苦手・・・という方にもとっつきやすい本じゃないかと思います。
        これからまだまだ夜は長くなるし、寒くもなるので、そんな夜ホッと一息つきたいときにこれでリラックスするのもいいんじゃないかなぁ。



        お手頃価格なので地元の本屋さんで探してみてください。
        あたしは有川さんありきでこの本を買ったのでまったく知りませんでしたが、この入浴剤シリーズいくつか出てるみたいなので、読み比べとか入浴剤比べするのも楽しいかもしれません。

        我が家はお風呂の残り湯を洗濯に使ってるので家族があんまりいい顔しないんですが、そのうちゆっくり楽しみたいと思います。

        この記事にいつものようにブクログさんへのリンクも貼っていますので、もう読み終わった方、ネタバレOKだよ!って方はそちらもあわせてご覧いただけると嬉しいです。



        というわけで、今は朝ですが、思いっきり中身は夜でお届けさせていただきました。
        ランキングに参加させていただいています。
        お時間のあるときにポチっと押していただけると喜ぶのが約1名。
        自分以外の方が読んでくださって、楽しんでくださってることが、何よりの更新の励みになります。
        いつもいつも本当にありがとうございます。


        にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
        にほんブログ村








        というわけで、本を紹介したときには恒例のブクログさんへのリンクです。
        もう読み終わった!ネタバレ大丈夫!という方だけお進みくださいね。
        季節も季節ですし、これからは本のレビュー記事も少しずつ書いていきたいなぁと思います。











        有川 浩
        バンダイ
        発売日:2011-08

        有川さんときて・・・馬路村の柚子を使ってて・・・ときたら買わないわけにはいかないでしょ!ってことでようやく本屋さんで見つけて買うことができました。
        というか、本屋さんに行く時間がなかなかとれなかったんだけどね。

        入浴剤付っていうのが斬新なアイディアだよね。
        この時期に発売っていうのもすごく上手だと思います。
        読書の秋とはよく言ったもんだけど、グッと寒くなるこの季節に入浴剤がついてるってのは嬉しいです。

        小説は防水加工をしていませんって説明書きが書いてあるのがまたいいなぁって。
        コレ見ると確かにバスルームに持って行きたくなるし。
        1冊読んでものぼせなさそうな本だしね。

        有川さん!っていうだけあって、中身もやっぱりよかったです。
        こうきたか!みたいな感じ。
        大人の事情が出てきてるところもあるけど、有川さんはめっちゃ楽しんで書かれたんだろうなぁって言うのが伝わってきます。
        というかあの短い短編の中でよくもまぁあれだけのキーワードを拾って文中に使えるなぁって逆に感心するもんね。

        多分社会人になった今だからこそ、こういう学生時代や小さい頃のことを振り返るところに余計にグッと来るんだろうなぁ・・・。
        自分が学生だった頃、あの時間がそんなにも貴重だなんて思いもしなかったけど、今振り返ってみれば・・・って感じかな。
        何だか季節的にもロードっぽいけど(笑)



        久しぶりに大学の友達に会いたくなりました。




        余談ですが・・・先日同じ会社で働いてる男性からメールをいただきまして・・・「これ今のパソコンのスクリーンセーバー」って画像が添付されてきたんですね。
        何だかガンダムっぽいやつ。
        そういう機械物ってあたしはガンダムしか知らないので(トランスフォーマー位はわかるけど、あれもガンダムの真似だ!って思った位のレベルです)、ガンダムですか?って聞いたらメールでそれが何なのかめっちゃ力説されました。
        メールだったから斜め読み&飛ばし読みで目を通して「すごくそのキャラがお好きってことはわかりました」とだけメールを返したら即行で抗議の電話がかかってきたけど、なんで男の人ってあーゆーのを力説したがるのかしら?
        別に女の子にふらんくって、男同士で楽しんどけばいいやん!って内心思ったり。←口が裂けても言えませんでしたが(笑)

        文中にガンダムを作ってる某メーカーさんの話が出てきたので、ふとそんなことを思い出しました。
        それを考えれば一応聞いてあげた主人公はえらいよねぇ・・・。


        蔵書録〜大人かわいい女子文具〜

        0

          こんばんは。
          栗の皮むきをしてたら指がかなり疲れてきた不二子です。
          キーボードでカタカタ打つのもどこかぎこちない感じとでもいいましょうか・・・?
          とりあえず1ネットの2/3位は剥けたかな?
          母からやっとOKが出たので、何とか今年も渋皮煮にありつけそうです。
          おいしんだけどね〜。剥くのがね〜。
          最初に栗を食べようと思った人って本当にチャレンジャーだと思います。
          あんなイガイガで、固い皮もなかなかとれない渋皮もあって。
          どんだけ試行錯誤したんでしょうか?
          そのおかげでおいしいおいしい栗にありつけるようなので、楽しみです。



          他のブログさんでも取り上げられてた「大人かわいい女子文具」。
          やっと手に入ったのでアップしておこうと思います。
          というか、週末に一度本屋さんにチェックしに行ったらまだ入荷もされてないし、検索かけてもヒットしなかったという・・・。
          さすが九州!
          発売日から何日かたたないと入ってこないのは悲しいものがあります。

          あたしは地元大好きだし、たいていのものはこちらでも買えるけど、本の入荷日だけは何とかならないものかと・・・!
          いや手に入るのよ?
          でも関東の方とかが発売日前にフライングで買いました!みたいな記事見つけたらうらやましくってうらやましくってたまらないじゃないですか!!!!!(笑)



          DVC00130.jpg
          おまけがついてるだけあって、見本などはもちろんなくって文房具系はとりあえず買っておこう!と速攻でレジに持って行きました。
          おまけのクリップは発色がキレイですね〜。
          お揃いでノートとか欲しくなってしまうからキケン。
          物欲がふつふつとわいてきます。
          最近とめるものに興味がわいてきてるのでこのクリップは嬉しかった!
          ここぞというときに使いたいですね〜。

          個人的にはこんなテクを取り入れたい!っていう参考書というよりは、「かわいいねぇ〜」って眺めるカタログに近いような感じがしました。
          1個1個アイテムをチェックしようと思ったらすさまじく時間がかかることは明らかで。
          カフェとか言って女友達と一緒に「このページだったらこれが好き!」みたいにワイワイおしゃべりするのが楽しいかもしれません。
          こんな読み方学生時代はよくファッション誌でやってたなぁ。
          このコーディネートが1番好き!みたいな。

          蔵書録のカテゴリーでは以前から持ってた本を紹介することが多かったけど、たまにはタイムリーな雑誌も取り上げてみました。
          こういった雑誌がどんどん出てくるほど、文房具好きさんが増えたことが1番うれしいです。



          ブクログさんの方には1番気になった記事についての感想をアップしていますので(ネタバレあり)、まだ読んでないよ!ネタバレはちょっと・・・って方はスルーしてくださいね。


          ランキングに参加させていただいています。
          この雑誌に出てきた方々にも負けない位の文房具好きさんが書かれてるブログがいっぱいでいい刺激を受けること間違いなし!
          どうぞ他のブログさんのところへも遊びにいかれてくださいね〜。


          にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
          にほんブログ村










          ブクログさんへのリンクはこちら。
          ネタバレOKという方のみおすすみください。
          よろしいですか・・・?













          このテクニックもらった!
          そんな参考書・・・というよりは「かわいいねぇ〜」とひたすら愛でたくなるカタログのような感じではないでしょうか?

          商品情報に関してはすごく細かく書いてあったので、同じものが欲しい!って思ったときには便利かも。

          そんなこの本の中で1番気になったのが品川であってるという文房具朝食会。
          首都圏に住んでたら絶対にこれ参加したいです!!!

          今書いてるブログを通して文房具好きなお友達できたけど、実際にお会いして話せるなんてなんて楽しそうな・・・・・!!!
          しかもあんなに人がいらっしゃるなんて。
          九州でも似たようなことやってないのかなぁ?
          早起きは苦手なあたしですが、こんなイベントだったら早起きも苦にならない気がします。

          そんでもってこの朝食会に参加することになったら確実に大きいバッグにがっつり荷物を入れて持って行きそうな予感。というか絶対にやるな、これは(笑)


           


          蔵書録〜すげさわかよさんの旅のおもいで雑貨教室〜

          0
             杉浦さやかさん、木下綾乃さんときたら・・・次はこの方しかいないでしょ!
            すげさわかよさん。
            色鉛筆で描かれた旅行エッセイが有名かとは思いますが、そんな方だけあって旅から持ち帰って作ったもの達はどれもかわいいものばかり。
            杉浦さやかさんとは一緒にチェコに旅行行かれてたし、週末ジャパンツアーのメンバーにも入ってて仲良しだそうで。
            このお2人の旅行にぜひあたしも参加させて欲しいです!いやマジで!!!
            かわいいセンサーがすっごく敏感そうですよね。


            表紙はこんな感じ。



            DVC00125.jpg
            色んな素材の紙を切り貼りして作ったと思われます。
            こんなのを思いつくセンス・・・ステキです!!!!!



            DVC00126.jpg
            裏もかわいい!細部を見れば見るほどかわいいものが満載で読み返すたびに新しい発見がある気がします。

            中身ももちろん真似したい!でもこのセンスは真似できないかも?!ってものでいっぱい。
            例えば自分で作るときってどうしても好みとかやり方が似てくる気がして・・・。
            色を変えたりして送ってることがけっこうあって。
            でもこの本の中には本当にたくさんのバリエーションがあって「どこからこのアイディアが出てくるんだろう?」って不思議な位。
            できるものならば、ぜひ頭の中を覗かせていただきたいです(笑)

            別に旅から帰ってきた直後じゃなくても、普段の生活の中でも取り入れられるものがあって、読んだだけで何だか自分までセンスがよくなったような気がしませんか?←あたしだけ?
            あと旅行に行きたくなる。
            別に海外じゃなくてもいいからふらぁっとね。
            日本にもかわいいものはいっぱいあると思うんですよ。
            時期的にも寒すぎず、暑すぎず・・・いいかも!!!!!


            そして蔵書録の時にはお馴染みブクログさんに書いたレビューを最後にリンクさせています。
            気になる方はそちらもあわせてどうぞ。
            予備知識なしで読みたい!って方は読んだ後にご覧くださいね。

            ランキングにも参加させていただいています。
            ポチっとクリックしていただけると、あたしのやる気がグングンアップしていくはず(笑)
            自分が書いたものに何かしらの反応が返ってくることがこんなにも嬉しいなんてね。
            もうすぐブログを始めて2ヶ月。
            まだ2ヶ月な気も、もう2ヶ月な気もするけれど、まだまだ楽しんでブログを書いていきたいと思ってます。
            応援よろしくお願いします!

            にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
            にほんブログ村







            そしてブクログさんのレビューはこちら。







            表紙の貼り絵も中のイラストもすっごくかわいいんだけど、個人的に1番グッとくるのはかよさんがパリに留学されていた時に作ってあった新聞。

            これいつかやってみたいことの1つなんですよね。
            中身は旅でも今自分がハマってることでもなんでもいいんだけど、こうやって手書きの新聞作って仲のいい友達に配りたい!
            イラスト書けないのはシールとマスキングテープでごまかすとして(笑)

            実はあたしスタンプって1個も持ってないんですが、この本を読んでみて、アルファベットと数字のスタンプは欲しいなぁって思ってます。
            まだ購入には至っていませんが、気になるものの1つにいつも入ってる。

            そして・・・その新聞をフランスの新聞に貼るってアイディアがまたすてきで!
            すっごく旅!って感じがしませんか?
            こんなのもらったらめちゃくちゃ嬉しいよねぇ・・・。

            この本には色んな旅の要素が出てくるものだから、あたしもついつい旅に出たくなる。
            でもしばらく連休とれそうにないよー!!!!!
            とジレンマに陥ってしまいますね。

            半日でもいいからちょっと遠出して旅行気分を味わいたいと思います。



            蔵書録〜木下綾乃さんの手紙を書きたくなったら〜

            0

              文房具好きの方なら一度はお名前を聞いたことがあるんじゃないかと思われる木下綾乃さん。
              あたしも例外ではなくこの方の本が好きで、フミ手帖も含め何冊か持っています。
              今日はその中から1冊ピックアップしてみようかと。



              DVC00481.jpg

              「手紙を書きたくなったら」
              あたしにとって手紙はふと書きたくなってごそごそするものではなくて、「書こう!」って思いが先にあって準備をするもの。
              家で書くことよりカフェとか外で書くことが多いかな。

              そんなあたしから見ると綾乃さんは本当に手紙好きで、手紙を書くことがすごく自然なことで生活の一部なんだろうなぁって思えます。
              それがすごくうらやましい!
              いつかはそんな風に手紙を書くことが生活の一部になったらいいなぁって思うんです。
              まだまだ肩の力が入ってるねぇって思っちゃう。

              本の装丁もすごく凝っててステキ。
              あたしが持っているのは古本屋で買ったので残念ながらやぶれてしまっているけれど、今タグにはまってることもあって、すごくグッとくるもので眺めるのが楽しい。
              こんな装丁もあんまりないよね?
              裏は綾乃さんの初めてのシーリングワックスがデザインされてあって「やっぱり最初に買うならこの色だよねぇ・・・」ってそそられます。←常に影響を受けやすいんです(笑)



              DVC00480.jpg



              でも、この本の中で1番好きなのはこんな風な手紙はどぉ?ってアイディアだけじゃなくて手紙にまつわる綾乃さん自身の思い出が書いてあるところ。
              エッセイに関してはけっこう雑食なタイプで読むのすごく好きなんです。
              自分が好きな人だったり、好みが似てる人だったり、その人の考え方や持っているものとかをほんのちょっとだけ垣間見ることができて・・・それが好きでよく買ってます。
              逆に小説はあんまり冒険しないタイプ。

              昔の思い出や引越し秘話とか自分の友達のことのように読んで、相槌をうってるような気もします。

              そして、この前のフミ手帖のときもそうだったんだけど・・・シーリングワックスが欲しくなる!
              本を読みながらやっぱり最初はイニシャルだよね〜!って思ったのはあたしだけではないハズ。
              あのぽてっとした厚みとこっくりした色あいには何ともいえないものがあっていつか挑戦したいと思っているアイテムの1つです。
              憧れの一品とでもいうんでしょうか?
              シーリングワックスってどこにでも置いてあるわけじゃないだけに、見つけるとじぃ〜っと覗きこんでしまう気がする。

              あたしみたいな初心者でも楽しく読み始めることができて、も読み進めていくと切手コレクターの話だったり、切手のデザイナーさんの話まで知ることができてしまうから「この本奥が深いな」って思ってしまいます。
              だって切手の収集するなんて考えたことすらなかったあたしが、「ちょっといいかも!」なんてしまうんだもの。
              恐るべし綾乃さんマジック。

              普段何気なく使ってる日本の切手の原画は36倍の大きさだとかね。
              その原画からそれだけ縮小しても大丈夫ってことはすごい技術なんじゃないでしょうか・・・?


              特別に凝ったことをしなくても手紙ってもらったら嬉しいし、普段言葉やメールや手紙じゃ伝えられないことも伝えられる。
              でも、これだけ凝った手紙をもらったらこの前のコストコのシールセットじゃないけど、あたし発狂するよ?(笑)




              この本を読んでもう1つ思ったことがあったんですが、それはブクログの方で。
              ブログと全く一緒の内容というのも面白くないので。
              一応リンク貼っていますので、お時間のあるときにでも目を通していただけると嬉しいです。



              最初は自分の好きなことを書ければそれでいいと思って始めた(友達にそそのかされたともいう。笑)ブログだけど、見てくださって、コメントしてくださる方がいて自分が発信したものに何かしらの反応が返ってくることに今ブログ始めてよかったぁってすごく思います。
              なんでそんなにセンチメンタルになってるのかって?
              秋だから?
              いや、でも本当にそうなんですよ。
              ぶっちゃけ書きたいことを書くだけなら手帖でもノートでも日記にでも書けるけど、写真も文字も一緒に載せれて誰かの反応があることがすごく楽しい!嬉しい!
              というか誰かが読んでくれてるだけでも十分嬉しいんだけどね。
              最近ブラインドタッチがなまってたけど、この1ヶ月半でだいぶ鍛えられました!(笑)

              ポチっと押していただけると嬉しいです。
              更新の励みになりますので、お時間があればクリックお願いします。










              文房具好きの方なら一度はお名前を?B

              蔵書録〜スクラップホリックの本〜

              0

                多分文房具好きの方にはこの表紙を見て「うわぁ〜」と思いつつ、買うのを迷ってる方も多いのでは?




                DVC00993.jpg
                かわいいし、興味をひく内容だし、でも使いきれなさそう・・・っておもってずっと買ってなくて、見つけてからだいぶたった後、偶然ブックオフで出会って買いました。

                ブックオフ・・・大好きなスポットです!
                普通の本屋さんよりももっと「一期一会」の出会いを感じると言いますか。
                もう絶版になってたり、手に入れるのが難しい本を見つけると値段も安いだけにすっごくテンションが上がるよね。
                最近はそうでもないけど、ストレス発散に本を買いまくっていた時期があるので最近は買うことより、その頃買った大量の本を読み直すことに専念しています。
                ガシガシ買ってると「こんなんいつ買ったっけ?」っていうのもけっこうあって、せっかくお金出して買ったのにもったいないよね、って思うんです。

                これもそんな中の1冊で買ったはいいけど、買ったことに満足してペラペラめくってかわいいねぇ・・・で終わってしまってけっこう長い間放置してしまったもの。
                文房具熱が再燃しはじめたころに自分の手持ちの文房具系の本を全て読み返してやっぱいいわ!と再発見したんです。
                こーゆーかわいい本は見るだけで満足してしまうタイプと実践してものにしたよ!っていうタイプと2パターンにわかれるかと思うんですが、最近はこのテクニックを盗んでやる!と意気込んでます。
                だって、好きで買った本だもの。しっかり使いたいなぁって。
                この本に限ったわけじゃなくて、どれに関してもいえることだけどね。
                寝る前の5分でいいから読んでれば月単位とかでみればけっこう進むよね。
                小説と違ってどこで終わってもいいわけですし。



                いい加減本題である中身に話を持っていきましょうか。
                中身はやっぱりかわいくて確かになんとなぁ〜く見てるだけでも楽しい。
                ついつい何も考えずに眺めていたくなるけど、そこはしっかり習得しないとね。

                あ、ちなみにこれ読んでたら以前探したときには見つからなかった読者カードが出てきました。
                しかもプレゼント付き!
                でも応募の締め切り期限が書いてないよ?
                当選者の発表は発想をもってかえさせていただきますって書いてある。
                もしかして今からでも送ったらもらえる可能性あるってこと・・・?
                これ、初版は去年の2月だけど・・・まだいける?
                人生初の読者カード送っちゃうかもしれません!!!

                これを新刊で買った方も活用できずにちぺらぁっと見て終わってしまってブックオフに売っちゃったんだろうね。
                なんてもったいない!!!
                その分まであたしが活用しますからね〜。



                中身も文句なしにかわいいし、楽しいんだけど、特筆すべきは巻末についているスクラップ素材集!
                めっちゃかわいいラベルとか額縁とか花とか色々あるんですよー!
                これだけのために買っても後悔しないかも・・・!というくらい個人的にはお気に入りです。




                DVC00991.jpg
                DVC00992.jpg
                よくなるためとあえて言わせてもらうのならば、カラーコピーしやすいように切り離ししやすいように点線がついててきれいにちぎれるようにしてくれてたら文句なしだったかなぁって。
                だってこれ内側のほうは多分きれいにうつらないよ?

                以前ブログの中で「いい!と思えるラベルがあんまり売ってない」と書きました。
                今もそれについてはぶすぶす不満を言いたくなることもあるけれど、こうやって地道に探していくのも楽しいかもしれません。
                まさかね、自分の本棚のこやしになってた本からこんなに好みのものが出てくるとは思わないでしょ!(笑)
                ちょっとずつ、でも確実に増えていってる自分のタグファイルがこれからどうなっていくのか、自分でも楽しみです。

                このテクニックを自分のものにするにはやっぱりカフェでじっくり読んで付箋をつけるのがベストかな?
                幸いなことに割りと薄めな本だし、次はカフェに持っていくものの1つに加えておこうと思います。




                最近本に関する記事がめっきり増えましたが、実は自分の中でこのブログの構想(妄想とも言う・・・)
                を練ってその上でやりたいことの1つに文房具とか手紙とかかわいいものとか自分の好きなエッセイ本を紹介することをあげてたんですよね。
                もちろん、ブクログと連動させることも含めて。
                まぁ、こればっかりの記事じゃ自分も飽きるからとりあえず、ブログパーツに貼ってある本棚が埋まるまではこれ関係の記事をアップさせて行きたいと思ってます。
                そんなわけで1日2回更新はまだしばらくは続きますのでご安心を。
                まだ書きたいこといっぱいですから!(笑)

                いつも最後までお付き合いしてくださってありがとうございます。
                自分以外のどなたかが読んでくださるっていい意味で刺激になるし、続けようってやる気の元にもなります。
                もしお時間に余裕があればクリックしていただけるとすっっっっごく嬉しいです!


                にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
                にほんブログ村



                よく考えてみたらケータイからだとブログパーツからブクログさんにとべないということに今更ながら気づきまして。
                色々調べたらどうもリンクを貼れるみたいなので、今日からお試しという意味もかねてしばらくはリンクを貼っていこうかと思っています。
                このブログの記事とかぶるところが大部分なので、お時間あるときにでもどうぞ〜。
                っていうかあたし気づくの遅すぎる!!!

                多分文房具好きの方にはこの表紙を見て「うわぁ〜」と思いつつ、買うのを迷ってる方も多いのでは?
                かわいいし、興味をひく内容だし、でも使いきれなさそう・・・っておもってずっと買ってなくて、見つけてからだいぶたった後、偶然ブックオフで出会って買いました。

                ブックオフ・・・大好きなスポットです!
                普通の本屋さんよりももっと「一期一会」の出会いを感じると言いますか。
                もう絶版になってたり、手に入れるのが難しい本を見つけると値段も安いだけにすっごくテンションが上がるよね。
                最近はそうでもないけど、ストレス発散に本を買いまくっていた時期があるので最近は買うことより、その頃買った大量の本を読み直すことに専念しています。
                ガシガシ買ってると「こんなんいつ買ったっけ?」っていうのもけっこうあって、せっかくお金出して買ったのにもったいないよね、って思うんです。

                これもそんな中の1冊で買ったはいいけど、買ったことに満足してペラペラめくってかわいいねぇ・・・で終わってしまってけっこう長い間放置してしまったもの。
                文房具熱が再燃しはじめたころに自分の手持ちの文房具系の本を全て読み返してやっぱいいわ!と再発見したんです。
                こーゆーかわいい本は見るだけで満足してしまうタイプと実践してものにしたよ!っていうタイプと2パターンにわかれるかと思うんですが、最近はこのテクニックを盗んでやる!と意気込んでます。
                だって、好きで買った本だもの。しっかり使いたいなぁって。
                この本に限ったわけじゃなくて、どれに関してもいえることだけどね。
                寝る前の5分でいいから読んでれば月単位とかでみればけっこう進むよね。
                小説と違ってどこで終わってもいいわけですし。



                いい加減本題である中身に話を持っていきましょうか。
                中身はやっぱりかわいくて確かになんとなぁ〜く見てるだけでも楽しい。
                ついつい何も考えずに眺めていたくなるけど、そこはしっかり習得しないとね。

                中身も文句なしにかわいいし、楽しいんだけど、特筆すべきは巻末についているスクラップ素材集!
                めっちゃかわいいラベルとか額縁とか花とか色々あるんですよー!
                これだけのために買っても後悔しないかも・・・!というくらい個人的にはお気に入りです。

                よくなるためとあえて言わせてもらうのならば、カラーコピーしやすいように切り離ししやすいように点線がついててきれいにちぎれるようにしてくれてたら文句なしだったかなぁって。
                だってこれ内側のほうは多分きれいにうつらないよ?

                以前ブログの中で「いい!と思えるラベルがあんまり売ってない」と書きました。
                今もそれについてはぶすぶす不満を言いたくなることもあるけれど、こうやって地道に探していくのも楽しいかもしれません。
                まさかね、自分の本棚のこやしになってた本からこんなに好みのものが出てくるとは思わないでしょ!(笑)
                ちょっとずつ、でも確実に増えていってる自分のタグファイルがこれからどうなっていくのか、自分でも楽しみです。

                このテクニックを自分のものにするにはやっぱりカフェでじっくり読んで付箋をつけるのがベストかな?
                幸いなことに割りと薄めな本だし、次はカフェに持っていくものの1つに加えておこうと思います。

                余談ですが(というかあたしのレビューなんて余談が8割を占めてる気すらするけどね)、もちろんコラージュ自体もかわいいけど、そのグッズ達の収納やディスプレイにも目を向けたい。というかそれにも毎回目がいっちゃうから文字数の割りに読むの時間がめちゃくちゃかかるんですよ!
                あたしは人より読むスピード速い方だけど、写真には速読のテクニックなんてないですからね!!!(笑)
                味のある引き出しに入れてたり、チーズやお菓子の箱を再利用して使ってたり、さりげなくお花を活けてみたり、トランクの上に飾ってみたり・・・かわいすぎてかわいすぎて・・・こんなディスプレイをしてる方たちのお仕事風景をぜひ一度覗かせて欲しいです!
                というかこんなお仕事あたしもやってみたいです!!!!!



                この本を自分のブクログの本棚に登録しようと思って検索をかけて初めてこの本に2が出ていることを知りました。
                他にもかわいい本が出てきてかなり楽しい。
                本の情報がいっぱい入ってくるのは本当に嬉しいですよね。
                週末に大きい本屋さんに行って探してみたいと思います!
                今度のおまけは何かな?



                蔵書録〜杉浦さやかさんの絵てがみブック〜

                0

                  エッセイの本だとネタバレしても大丈夫ってのがいいですよね。
                  小説だと本筋あかしちゃまずいかな?って話に触れられないけど、エッセイは多少話しても大丈夫だと思うもの。
                  とはいえ、情報を入れずに読んでみたいって方はスルーしてくださいね。










                  DVC00990.jpg
                  考えてみたらこの本の初版は1998年。13年前。
                  何がすごいって今みたく文房具ブームでもないのにこんなに文房具とか手紙についてアイディアがあって実践されてあった杉浦さんですよねぇ。
                  更にすごいと思うのは今読んでもめちゃくちゃ楽しい本だってこと。
                  次は何のレビュー書こうかな?って考えてまず1番に思いついたのがこの本で、記事にするのに読み返したけど、のめりこんで読んでしまったもの。
                  じっくり読んで、記事にして・・・って時間はかかったけど、楽しかったのでよしとします。



                  季節の手紙、感謝の手紙、イベントのお誘いや新聞などなど・・・。
                  色んなテーマに添ってイラスト満載で書いてあって眺めるだけでも楽しいし、じっくり読み込んで楽しいし、実践して更に楽しい!って感じでしょうか。1粒で3度おいしいみたいな。

                  杉浦さんとの出会いは大学時代。友達と2人乗りして出かけたブックオフで見つけた本でした。
                  うわぁ〜めっちゃかわいい!とロクに内容も読んでないのにジャケ買いしたのが始まりです。
                  それから買い集めて大体の本は持ってるかな。
                  絵本系がない位でしょうか。
                  上の写真を見ていただけたらお分かりかと思いますが、この絵てがみブックもハードカバーと文庫本と両方買いましたからね!大きいほうは後で古本屋さんで買いましたが帯付きの初版本!
                  こんな特典があるなんてステキー!!!!



                  そんな中で1番不思議なのはこんなに杉浦さん大好きで読んでたのに当時は手紙にほとんどと言ってもいいくらい手紙に興味を示さなかったこと。
                  ごくたまぁ〜に留学してる友達と手紙のやりとりをしてたくらいでしょうか?
                  すごい!かわいい!!!て大興奮はしても、自分で実践するってところまではあたしは行かなかった。
                  だってこんなに手紙や文房具にのめりこんでいったのって本当に最近の話で、コラージュなんてとんでもなかったもの!
                  1年半前くらいかな?
                  友達にレースペーパーをコラージュの材料にってもらって「これどうやって使いこなすんだ?」ってすごく焦ったからね。
                  本当にこーゆーのって生まれつきのセンスがいると思ってたから。

                  手先が器用なわけではないし、今も自分のセンスに自信はないけど、最近ようやく「楽しめればいいじゃん!」って思えるようになりました。
                  だから手紙をしょっちゅう書いて、コラージュして、日記をデコレーションして・・・ってことを日常的にこなすようになった今読むと実践的なテキストにもなるからすっごく勉強になるし、そこから自分のアイディアを足して・・・って創作したくなるんですよ。平日じゃ時間が足りないけれど。


                  本のレビューに関してはブクログさんと連動させています。
                  そちらではこのブログの記事+α(っていってもそんなには量増えてないかも?もともとこのブログの記事自体が長いからな〜)を書いていますので、覗いてみようという親切な方はブログパーツの方から遊びにきていただけると嬉しいです。
                  まだ、使い方がよくわかってないので、本人も試行錯誤中ですが。



                  そんなわけで、これからも杉浦さんの本は少しずつ紹介していくつもりなので、お時間あるときにでも覗いてみてくださいね。
                  初めてましての方もいつも読んでくださってる方もありがとうございます!
                  今ランキングに参加させてもらっていますが、ポチっとクリックしていただけると続けよう!早く更新しよう!っていう励みになります。
                  応援していただけたら嬉しいです。
                  ポイントが増えていくと1人ニヤニヤしてますからね〜(笑)
                  にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
                  にほんブログ村


                  蔵書録〜路地恋花〜

                  0

                    友達から路地恋花の新刊が出てる!というメールをもらって行ってきた本屋さん。
                    お目当ての本をゲットしてきました。



                    麻生みことさんって方が書かれた路地恋花。
                    なるべく本筋には触れないようにしていますが、多少のネタバレはあると思うので、まだ読んでないから言わないで!って方は読み終わってからの方がいいかと・・・。



                    DVC00978.jpg




                    準備はよろしいですか?



                    それでは・・・京都の長屋を舞台にしたお話。←この設定からしてあたしはグッときます!!!
                    そこの住人たちは何かしらの手に職を持ったというか・・・何かを作る人達で。
                    その住人さんたちを主人公にしたオムニバス形式のお話です。
                    毎回主人公が違うから1巻から読まなくてもすんなり読めると思います。

                    手に職を持った住人さんが主人公ということで毎回その方の職業にまつわる話がこれまたおもしろい!
                    というかそれをメインに1回読んで、恋愛ものとして1回読んで〜なんてこともあたしはしています。

                    今回1番気になったのはヨーロッパの製本文化について。
                    要は簡単に綴じた本を書店で買って、それを好みのデザインで装丁してくれる工房があるらしくって・・・!
                    全部の本をそんなふうにしてもらうのなんてそれはよっぽど裕福な人じゃないとできないけれど、これぞ!っていう1冊だけでもしてもらいたい。いつか。

                    本編が終わった後のおまけも手が込んでてというか個人的にはかなりツボな感じで。
                    激しい恋愛とか、どきどきするような!って感じのストーリーではないんだけど、ほっこりするというかしみじみ「いいなぁ・・・」って思わせてくれるそんな本です。
                    大人に読んで欲しいというか大人だからこそ楽しめるんじゃないかな?

                    男の人は大人になってもジャンプ読み続ける人多いじゃないですか。
                    その影響であたしも少年漫画はそれなりに読んでるけど、少女マンガってほっとんど読んでない。
                    そんな最近少女マンガ読んでないねぇって方にこそ読んで欲しい。



                    ちょっとテイストは違うけれど、こちらにも古い建物を大事にして再活用しているところがあります。
                    冷泉荘っていうんですが・・・(リンクはこちらから)
                    地元の雑誌や新聞とかにけっこう取り上げられていて、あたし自身はまだ行ったことありませんが、近いうちにぜひ行ってみたいスポットの1つです。



                    さて、このブログで初めて本を紹介するにあたって、ブログに「ブクログ」というパーツをフリースペースに取り付けました。
                    ネット上に自分専用の本棚を作れる―名前の通り本のブログのようなものです。
                    ずっと挑戦してみたい!とは思いつつも、自分の蔵書全部を載せる作業を考えただけで思いやられるので手をださないようにしていたんですが・・・JUGEMさんのブログには貼り付けられるみたいなので今回始めることにしました。
                    一応そちらにはこのブログで書いた内容+αを書いていくつもりですので、よろしければブログから遊びにきていただけると嬉しいです。
                    まだ、手探り状態なので至らないところもあるかとは思いますが・・・。

                    それにしても機械オンチなあたしはブログを作るのにも、ランキングに参加するのにも、リンクを貼るのにも、メールフォームを作るのにも時間がかかるといいますか、いつも四苦八苦しています。
                    HTMLもよくわかってないし・・・。
                    そんなあたしなので今回のブクログさんもしかり。時間かかるよね(笑)
                    でも、ヘタクソながらもなんとかなるものなんですねぇ・・・。
                    というかあたし自身の力というよりはネットでやり方がわかるこの時代のおかげといいますか。
                    ちょっとずつ本棚のほうも進化させて行きたいと思っているので、ゆる^い感じで見ていっていただけると嬉しいです。



                    ランキングに参加させていただいています。
                    ポチっと押していただけると更新頑張ろ!という励みになります!
                    ステキなサイトさんも盛りだくさんですのでぜひお時間のあるときに遊びにいかれてください!!!

                    にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
                    にほんブログ村




                    calendar

                    S M T W T F S
                    1234567
                    891011121314
                    15161718192021
                    22232425262728
                    293031    
                    << July 2018 >>

                    Twitter

                    blog visitors

                    Instagram

                    selected entries

                    categories

                    archives

                    recent comment

                    • またまたありんこマステで暑中お見舞い
                      不二子
                    • またまたありんこマステで暑中お見舞い
                      blue
                    • 三原色のモレスキン
                      不二子
                    • 三原色のモレスキン
                      不二子
                    • 三原色のモレスキン
                      雅風
                    • 三原色のモレスキン
                      ローズ
                    • フォルムカードのコラージュ
                      不二子
                    • フォルムカードのコラージュ
                      ローズ
                    • f&K&2コラボ企画 vol.7
                      不二子
                    • f&K&2コラボ企画 vol.7
                      不二子

                    recommend

                    links

                    profile

                    search this site.

                    others

                    mobile

                    qrcode

                    PR