スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.31 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    図書館戦争

    0
      最近ハマってるもの。




      原作が好きな作品は映像化されてもあんまり見ないタイプなんですが、キャロに強力にプッシュされて観に行ったらハマりまくったという…。←ハマるととことんなタイプです;相変わらず(笑)

      文房具やコラージュ、ノートネタは出てきません。
      完全に自分の好みに突っ走った記事になります。
      原作、映画、サントラ、パンフレット、その他図書館戦争に関するインタビュー等のネタバレがありますし、原作は読んだけど、映画はまだ…っていう方(違う組み合わせもあり。例えば映画は見たけど、サントラは買ってないとかね)には「???」な部分もあるかと思いますのでご注意くださいね。
      ネタバレは嫌だ!という方はここでストップしていただくことをオススメします。

      以上ご理解いただけた方のみ、お進みくださいね。
      ブログ本体に足を運んでくださった方は下の続きを読むをクリックしてください。

      Twitter等から記事自体に直接飛んでくださった方もいらっしゃるかと思いますし、改行も多めにしておきますのでね〜。




























      心の準備はよろしいですか?
      わからない部分があって更なる種明かしをご希望の場合にはお気軽にコメントよりお尋ねくださいねー!















      どこから書き始めましょうか。



      まずは1番印象的だったのは、原作を読んだ当時のあたしはちょうど郁と柴崎と手塚と同い年で、完全にそっち目線で本を読んでたんですね。
      もちろん郁が主人公なのもあるけど、考え方とかはやっぱり年が近いとそっち目線になりますし。
      でも映画は堂上教官目線の回想や独白?、解説が多くて・・・言うなれば冷静と情熱の間の青と赤バージョンみたいな感じがしたかな。
      あの原作のシーンの裏で教官はこんなこと思ってたのね!みたいな(笑)


      原作とは違う設定もいっぱいあったけど(途中1人でクマクマクマ〜!って思ってたし。)、映像だからこそ伝えられるリアルがあって、自分が原作を読んだ時には想像できなかった部分まで再現されてあって本当に観にいってよかったわぁ〜。
      映画は効果音もすごいと思うんですよね。
      敬礼のざっって言う音とか(あの冒頭のシーン大好きで!DVDがでたらあそこだけエンドレスリピートしたいです!!!)旗がたなびく音も、足音も。
      あーゆーのって読んだ時にはイメージできないからなぁ〜。
      映画観にいって本当によかったです!

      あ、ちなみにあたしは原作が好きであれば好きであるほど、あんまり映像化には興味ないタイプなんですけど、図書館戦争は別格でした。
      逆に原作を読んでない方があの映画を観た時に例えば堂上教官が郁を外した本当の理由とか、カミツレの意味とかどんな風に解釈されるのかなぁ〜?ってのが気になりましたしね。



      原作と違うといえば・・・やっぱり石坂さん!(基本ブログ内の文章では役名表記でいきたいと思ってますが、石坂さんだけは演じられた俳優さんのお名前で書かせていただきますね。理由は・・・映画を観られた方には伝わると思うので。)
      白い巨塔の頃からかな?
      穏やかな性格の役柄からヒトクセある役を演じられることも増えましたよね〜。
      今回もあの本をぎしぎしと握り締めるシーンとか・・・あの役の本当の性格とか信念みたいなもの?を感じましたし。
      本当に本当に難しい役どころだったかとは思うんですが、それを無理なく落とし込んであるところがかっこよかった!


      同じように原作とは違うけど、かっこいい!キャー!!!と思ったのが小牧教官だったかな。
      すすだらけの顔にあんなにキュンとくるとは思わなかった(笑)
      映画だけ観ると正論派なのはむしろ堂上教官じゃない?って思っちゃうもんね。
      教官お二人のかけあいももっと見たかったなぁ〜。
      最後の方でさ、堂上教官が小牧教官の胸倉掴むシーンあるじゃないですか。
      そこで小牧教官の単独行動云々のセリフがあると思うんですけどね、そこのシーンとか原作別冊のバディとかルーキー(@食堂屋上)のことを暗に指してるよね?!とか一人妄想を膨らませちゃいましたもん!


      そうそう、手塚もさ、柴崎や郁と並んだときにあれ?若い!と思ったら彼、撮影当時10代だった!と聞いてめっちゃ驚きました!!!
      詳しい方にお聞きしたら仮面ライダー出身だそうで、堂上教官とはまた違う逆三角形のいい体してますもん!←書くのそこ?!とか言われそうですが、原作のいわゆるダブルスタンダードの話のときに2人並んでるシーンを見て、うわぁ〜2人ともめっちゃいい体!って思ったからね(笑)
      原作の続きを想定すると、あのセリフとかこのセリフとかさらっといえるようにぜひなって!って思っちゃいました。






      そんなこんなで、映画初回でかなりハマりまくりまして。
      ステッカー買って〜、
      サントラ聞き倒して〜(ちなみに曲名リストは運転しながらでもさっと見れるように貼り付けてたり。笑
      最近の通勤のお供です♪)
      あ、ダヴィンチも今年の5月号(有川さん特集!)と2011年の5月号(読者による紙上キャスティングが掲載されてた号です!)を図書館で書いて読み倒して〜。
      ちなみにこれです。




      映画も結局3回観にいったんですけど、見るたびにサントラの「ドロップキック」の挿入の入れ方が絶妙すぎる!と笑いたくなったり、「ランチタイム」はミルフィーユカツじゃなくって、冒頭の食堂のことだったのか!って思ったり。
      パンフレット等でお名前やお写真は確認できなかったけど、絶対にこの人がトムとジェリーのトムだ!!!ってテンション上がったり。
      それをいざアウトプットしようと思っても書きたいことがありすぎてなっかなかパソコンに迎えませんでした;
      あれこれ書きたいこともあったんですが、頭の中が「図書館戦争が先!」ってなっちゃってねぇ・・・。



      もう1つあたしがここまで図書館戦争にハマった理由が、この映画北九がロケ地になってる部分があるんですよね。
      普段から郁たちが働いてる武蔵野第一図書館の外観は北九の中央図書館ですし、あの激戦の舞台、小田原・情報歴史図書館は北九の美術館なのでね、1つ目のコンテナを回収して関東図書基地に戻るときあの美術館からの風景が空撮されてるのは嬉しかったなぁ〜。
      あそこからの風景、本当に北九らしい風景であたし好きなんですよね。←煙突から出る煙とかね。
      また北九行く楽しみが増えた!!!

      ちなみに前回北九に行った時の記録はコチラから。
      映画の舞台となった美術館の写真もアップしてて、映画観た後に自分でも読み返しました(笑)


      きっと作られた方にはあたしが気づかないこだわりとか背景とか設定がもっともっといっぱいあってそのかけらを少しでも拾いたくてあたしは映画館に通ってるのかもしれません。
      だって3回観ても堂上教官だけの赤い光わかんないんだもん!(笑)
      いや、赤いのはわかるのよ?
      ただ、他の人のが赤くない、って断言できるかって言うと・・・うん、わからない;
      悔しいので、こっちはDVDにまで持ち越しかな?

      映画を観てから本を読み返すとまた違った発見がありますしね。
      文庫本のみに収納されてる番外編はぜひとも、本編を読み終わってから読んで欲しいかも〜。
      ちなみにあたしはあの番外編読んで「ナニコレ?!ずるい!!!」と思って最初から持ってたハードカバーに加えて、文庫本まで買ってしまったおバカさんです(笑)






      図書館戦争然り、ダ・ヴィンチコード然り、現実なのかそうでないのか・・・隠されてるだけで本当はあるのかも?!っていうそういうリアリティに引き込まれてる部分はあるかと思うんですが、図書館戦争に関してだけは現実になって欲しくない気持ちもあります。

      あたしもこれはTwitter経由で教えていただいたんですが、2004年の児童ポルノ法改正で、図書館の蔵書もそれにひっかるようになったんだそうです。
      実際に国会図書館では写真集118点を閲覧禁止にしてるんだとか。
      (そのほかの公立図書館は「図書館の自由に関する宣言」で抵抗中です)
      そもそも「図書館の自由に関する宣言」は戦前の思想統制の反省からできたものだそうです。

      児童ポルノ・・・・・・あたしは全く興味もないし、これから先も見ることはないですし、不便は感じません。
      こういう法改正があったことも最近まで知りませんでした。
      そして、知らなくっても、その118点が閲覧禁止になっても日常生活を送る上でまったく困らない。

      でも、その権利が言論統制のための出発点だったとしたら?
      困らないから、その理由でたくさんの人に見過ごされて、言論統制の下準備がされたとしたら?
      その解釈がどんどん拡大されて・・・図書隊が生まれるかどうかは置いておくとしても、読みたい本が読めない、出版する側も一定のルールや自己規制の下でしか本を作れない未来がきたとしたら?




      堂上教官かっこよすぎ!
      もう何?!あのラストシーンの微笑は?!
      パンフレットコピーしてトラベラーズノートにスクラップしたし!←これはホントです;
      戦闘服様になりすぎでしょ!!!



      また教官教官言ってる;
      ずっとそうやって笑い飛ばしてもらえるように。
      そしてのんきな感想やね、考えすぎよ、って突っ込んでもらうだけですめば嬉しいけれど、上のような現実を見るとねぇ・・・。
      原作が好きだから!っていう理由で映画を観ないのももちろんありだと思いますし(あたしも有川さんの他作品は映像化は観てないですし)、有川さんも「見ない権利」があるって仰ってますし、それはその方次第だとは思いますが、少しでも興味や関心を持ってもらえたら嬉しいなぁと思います。


      長々とお付き合いありがとうございました!
      さて、たまりにたまってるコラージュの忘備録も近々アップしようと思いますのでお待ちくださいね〜。
      これでようやくこれ以外のブログ記事にも取り掛かれそうだわ(笑)









      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.31 Wednesday
        • -
        • 22:13
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        こんにちは!お久しぶりです。
        以前は『さち』でコメントさせて頂いてました。

        図書館戦争、私も原作が大好きなので見に行きましたよ!
        友人と二人で言ったんですが、最初の感想が
        「手塚の腰のラインがいい!」でした(笑)
        みなさん本からそのまま出てきたかのようにイメージぴったりで(*^_^*)
        地元で舞台挨拶があったのでそちらも行ったんですが、サプライズで有川さんもいらっしゃって感激でした!

        不二子さんが書かれてる文庫本限定の話。
        アニメDVDに特典で付いてきた物ですよね??
        私、誘惑に負けてDVD全部揃えました(笑)
        表紙もイメージに沿ったものになっていてステキですよ!
        • 美怜
        • 2013/06/13 8:01 AM
        美怜さんへ

        ご無沙汰さております!
        宮崎!舞台挨拶のことは知ってましたが、行かれたんですねー!
        うらやましいっ!
        それにしてもアニメのDVDまで購入されたなんてすごいです♪
        あたしもまだまだハマる余地があるのかもしれません(笑)


        手塚はホントあの腰のラインいいですよね!
        特にあのダブルスタンダードのシーンは!って思ってたので食いついてくださって嬉しかったり(笑)

        こうやってわかってくださる方がいらっしゃると嬉しいです♪
        • 不二子
        • 2013/06/13 12:31 PM
        当にハマってしまったよ。私も早くサントラ買わないと。
        あのザッ!っていう音!!分かるーー!カッコいいよね。テレビで特集やってた時にビデオ撮ってたからよく聞いてたよ(笑)

        映画の中では手塚くんをずっと追いかけてたので、観るのもちょっと片寄りがあったんだけど、本の世界の方が、それぞれ登場人物を当てはめて読んでるから、さらに楽しくなって。確かに小牧さんカッコいい♪すすの顔も斜めに進む姿もカッコいいし、本の中では一番カッコいい人になってるわ。

        そうそう手塚くんは、ライダー時代よりも身体を鍛えてるみたいだよ。腕もすごいよね!…といらん情報でごめんね(笑)

        私もDVDはもちろん購入予定☆
        あの世界にまた浸りたいけど…やっぱり映画館で見たのがサイコーだね♪
        • furucafe
        • 2013/06/14 9:54 AM
        furucafeさんへ

        その特集あたしも見たかったぁ~!!!
        DVD買ったらホントに見倒すと思うの(笑)

        ってかですね!手塚はあたしあの映画のイメージだったから彼のブログを見た時のが逆に普段こんな感じなんだぁとビックリしたかも!
        図書館戦争のイメージが定着しすぎてた;(笑)

        DVDが発売になる前にあともう1回くらい映画館でみたいかも。
        やっぱりあの迫力のある大画面で見たいですー!
        • 不二子
        • 2013/06/14 11:58 PM
        またまた失礼(笑)
        確かにあの大画面でこそこの映画の迫力やスケールの大きさが生きるよね。是非見に行ってねー!(私は一人になる時間がなくて諦めた・・・涙)

        手塚くんのブログ見たんだね!確かに映画から入るとイメージ違うかもね(笑)7月期のドラマや映画も出るからまた違う感じかもね。
        ちょっと気になる??私的には仲間が増えると嬉しいんだけど・・・(笑)
        • furucafe
        • 2013/06/15 7:05 PM
        はじめまして、めむと申します。
        昨年、マスキングテープとそれを使ったコラージュやスクラップにはまった頃から、不二子さんの素敵ブログ拝見させていただいておりました…!勝手に影響を受けさせていただいてます笑
        今回初めてコメントを投稿させていただいたのは、図書館戦争、サイン本を買いに行くほど私も大好きで今回の記事がもう共感しまくりだったからです…!
        私もこれ以外の映像化作品は見ていません。原作ファンとしては、あまり内容が違う方向に展開してしまう作品は、構成上仕方ないことなのだろうけど、やっぱり見ないほうを選択してしまいます…
        図書館戦争、個人的には堂上・柴崎が予想以上に適役でびっくりでした!やっぱり堂上のラストシーンは反則ですよね笑
        長文失礼しました、またちょくちょくお邪魔させていただきます(*^_^*)
        • めむ
        • 2013/06/17 12:26 AM
        furucafeさんへ

        映画いこうか迷ってる。
        ホントは今日行きたかったんだけど、明日の準備が色々と…;
        というわけで、明日映画じゃなくてロケ地の方に遊びにいってきます!
        うまくいけば現地からお手紙出せるかも?
        期待しないで待っててね~(笑)

        手塚は主要メンバーの中で唯一知らなかったのとfurucafeさんが好きな人ってのは知ってたからどんな人なのかなぁ?と思って検索かけてみたのね。
        映画の中だと笑顔全開のイメージないからブログ見てビックリしたなぁ(笑)
        とりあえず、次回TVで見かけたら「あ!手塚!」って判別はつくと思われます(笑)
        • 不二子
        • 2013/06/17 12:39 PM
        めむさんへ

        初めまして!
        コメントありがとうございます!

        今回の記事はいつもとは違う個人的趣向まっしぐらだったんですけど(笑)そうやって共感してくださる方がいらっしゃって嬉しい限りです♪
        そして更にサイン本なんてめっちゃうらやましい!(笑)

        そうそう、映像にする以上仕方のないこともありますよね~。
        わかりやすく伝えるためとか制作上しょうがない部分もあるとは思いますが、思い入れがあると…ね。
        そーゆー意味ではこれだけメジャーな作品でかつ原作ラブな人も満足できるクオリティーに仕上げたのは本当にすごい!
        多分作られた方々もかなりの思い入れがあってこそのこの映画なのかなぁ?と思います。
        だってあのパンフレットの文章の量だったり、細かい方にまでスポットあててたりとか…一視聴者のあたしにはわからないこだわりが盛りだくさんあるんだねぇって読んでても楽しかったですし。

        またぜひぜひ遊びにいらしてくださいねー!
        • 不二子
        • 2013/06/17 12:46 PM
        図書館戦争〜〜!!
        実写化決定→北九州がロケ地!→じゃ、映画見てみよう→その前に原作読もう・・・みたいな感じで、ファンとしては新参者です。

        実は学生時代に、戦時期の特高、検閲、言論統制とかちょこっとだけ調べてたので、図書館戦争には興味があったのですが、私は基本ひねくれものなので流行り物はちょっと敬遠してました(笑)。
        が、原作読んだら案の定はまってしまい、映画も楽しみました。

        活字で読むとそこまでではなかったのですが、映画冒頭で日野の事件の描写、本が容赦なく焼かれていく様子を具体的に見せつけられてすごくショックで。あの冒頭から「掴まれた!」と感じました。

        ロケ地が北九州というのも嬉しかったです。
        美術館で銃撃戦してましたねぇ。
        中央図書館も、ちょうど撮影時期に本を借りに行ったら武蔵野第一図書館の立派なが門ができてて興奮しました。

        堂上&郁もイメージぴったりでしたが、キャラクターのビジュアル的には、私は小牧が一番しっくりきました。「まんま小牧じゃん!」と私がイメージしていた通りでしたね。あと、私は玄田役の橋本じゅんさんの大ファンですので、玄田隊長もよかったです〜。

        原作との違いも、いろいろありましたが、許容範囲。むしろ、過度に説明的にならずにわかりやすくスッキリまとまってたな、と。 
        ただ、クマクマクマ〜!は私も思いました(笑)
         
        • blue
        • 2013/06/25 10:49 PM
        blueさんへ

        もしかしたらblueさんと熱く語り合えないかなぁ?とか内心期待してました(笑)
        やったー!

        あたし有川さんは別な作品からハマってで当時はまだ今ほど有名じゃなかったんですけど、ハードカバーでシリーズもの?!って何か読むの大変そう…と思って敬遠してた記憶が(笑)
        多分6年位前かな、まだ今の半分しか本も出てなかったのにね。
        そう思えばシリーズ6冊読むぞ!って気合い入れられたblueさんすごいわぁと思います。

        確かに冒頭の日野の悪夢やメディア良化法成立までの討論とか自分が本を読んだときにはここまで鮮明には想像できなくて。
        それが映像化さらることでかなりのリアリティ出てたし、だからこそ現状に対しての危惧を感じさせてくれたような気がします。
        だってあーゆーニュースとか国会のとかそれっぽいですよね!
        まぁ、プロが作られてるんだから当たり前と言えば当たり前なんだけど(笑)

        図書館の門あれセットなんですね?
        紫川の方からくると横からちょちょっと入っちゃうからイマイチ門の存在を忘れててこの前行ったときも階段のとこから写真撮っておしまいだったのに何かアングル違うなぁと思ってて。
        そのあと映画見て門がないから違和感あったんだ!とショック受けました;
        またリベンジしに北九行かなきゃ!

        意外かもしれませんが、あたしは映画見た時に一番っぽいなぁと思ったの実は折口さんでした(笑)
        小牧教官は堺雅人さんなイメージだったんですよね。
        笑う正論にピッタリじゃありません?(笑)
        玄田隊長かっこよかったねぇ!
        ぜひこれから松葉杖を華麗に使いこなすところが見たいものです。

        そしてクマにも反応してくださってありがとうございます!
        映画版もよかったけど、あれはぜひ初代も2代目も回想シーンみたいですよねー!!!
        と語り出したら延々と喋れそうですがコメレスえらい長くなりそうなので;ここら辺でストップしておきます(笑)
        いつか実際にお会いしてお喋りしたいですー!!!
        • 不二子
        • 2013/06/26 12:44 PM
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728    
        << February 2017 >>

        Twitter

        blog visitors

        Instagram

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • またまたありんこマステで暑中お見舞い
          不二子
        • またまたありんこマステで暑中お見舞い
          blue
        • 三原色のモレスキン
          不二子
        • 三原色のモレスキン
          不二子
        • 三原色のモレスキン
          雅風
        • 三原色のモレスキン
          ローズ
        • フォルムカードのコラージュ
          不二子
        • フォルムカードのコラージュ
          ローズ
        • f&K&2コラボ企画 vol.7
          不二子
        • f&K&2コラボ企画 vol.7
          不二子

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR