スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.08.31 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    最近のトラベラーズノート

    0

      年末に1冊目のスケッチブックを使い切ってから2冊目に突入してたトラベラーズノート。
      ほとんどアップしないまま(あ、熊本のところだけはアップしましたんだった;)いつの間にか3冊目に突入しております。(この前アップしたお散歩ノートは3冊目)



      ガシガシパンフレットを貼ってるってのもあるんですけど、1月と2月の途中まではイマイチ・・・な展示なのもちょこちょこあって、テンション上がらなかったんですよね〜。
      ちょっと期間をおいてそれなりに落ち着いたのでアップしていこうと思います。



      DVC00846.jpg

      イムズでやってたeatrip。
      珍しく写真撮影OKな展示でした。
      ディスプレイの方法とかもすっごい雰囲気あって素敵でしたしね〜。
      会場には瓶詰めやソースとかもいっぱい展示されてあって最終日にそれを使って1日限りのレストランになったそうで、コンセプト自体もすごい面白いなぁと思ってて。
      その展示物は一部会場でも購入できたんですが、値段がわからず買いにくかったのと、eatripがどんなことをされてるのか―割と食に関することは幅広くやってらっしゃるようなんですが、幅広すぎて
      掴みきれなかったなぁって。
      だからこうやってブログに書こうとしてもどう書いていいのかよくわかりません;
      最終日のレストランに参加できたらまた違ったんでしょうけどね〜。
      残念。



      DVC00847.jpg

      国立博物館であってた大川家具の展示イベント。
      木をうすぅ〜く削って後ろからライトを照らして・・・っていう手法がすごく好みでした。
      家具っていう範疇を越えて色んなことにチャレンジされてるんだなぁっていうのがめっちゃわかる!
      大川家具のイメージがかわったなぁ。
      あ、ちなみに大川はのだめの出身地です。



      DVC00848.jpg
      あと、それ以外にも同じく国立博物館で開催されてたボストン美術館 日本美術の至宝と江戸の粋 印籠にも行ってました。
      ボストン〜の方は岡倉天心やフェノロサとか日本史で見覚えのある方がでてきて高校のあのときに知ってたらよかったのに・・・!と思ったなぁ〜。
      古い、貴重なものがたくさん展示されてるってのはわかるんですけど、いかんせん、年代モノなのと全体的に落ち着いた色味のが多くって、パンフレットで見たのと違う〜(多少の加工は仕方ないと思うんですけど、それが原因で本物見て感動できないのは悲しいと思う・・・)状態で・・・。
      あたしはたとえ作品数が少なくても全体に統一されたテーマがあった作品展のが好きだなぁ〜と再確認。

      なので今回はフィンランド人ご夫婦が収集された印籠展のが断然おもしろかった!
      日本人の細やかな技術をこれでもか!って言う位見せ付けられた感じ。
      あんなに小さいのに気が遠くなる位こまかな細工がされてて・・・ゴールドもいっぱい使ってあって素敵だったなぁ〜。
      物販が画集しかなかったのが残念でしたが、目に焼き付けるために印籠展のみ2回行ったもの。
      印籠=水戸黄門のイメージがなくなりました(笑)

      そうそう、去年の秋くらいから九州では各地で北欧にまつわる展覧会をいくつもやってるんですが、この国立博物館でようやくムーミンのモノトーンマステにお目にかかれましたよ〜。
      さすがに買わなかったけど、これが噂の!とテンションあがったのは言うまでもありません。



      DVC00841.jpg
      太宰府天満宮の宝物殿でやってたマリメッコ展。
      実は2回目です。
      (途中で屋外展示が変わるとのことだったのでそちらをチェックしに行ってきました)
      前回行った時にも書きましたが、神社の?宝物殿で?マリメッコ〜?!?!?!?ってすっごく目を引くと思いませんか?
      ただ、前回なんとなく・・・あれれ?と思ってたことが確信に変わってしまい・・・;

      一般的に、誰かに何かをお知らせするときって主催する側はしつこい位丁寧にアナウンスすることが多いんだと思うんでけど・・・何か全体的に最後の詰めが甘い感じ?
      今回後半の展示で普段は公開されてない文書館っていうところも会場の1つになってたわけですが、宝物殿の半券がないと入場料¥400って・・・・・・チラシにも何も記載ないんですけどね〜。
      HPにも記載なかったし。
      それ先に知ってたら宝物殿には前回行かなかったのになぁ。
      寒い中行って、会場に入るのにブーツまで脱いで段差を上がっていって、半券ないなら¥400かかりますって・・・引き返しにくいじゃん(笑)
      何か不親切なとこやんねぇ〜って気持ちのが大きくってあんまり気分よくなかったなぁ。
      内容見てもぶっちゃけこれでこの入場料・・・?って感じだったし。
      イベントでも何でも、日時、場所、費用って最低限、そして必須項目だと思うんだけどな〜。
      今回は宝物殿以外にも天満宮内に展示物があって、地図を見ながらまわれるようになってたんだけど、その地図にも抜けがあったし。
      そして4人のデザイナーの展示があるからとフライヤーも4種類(梅の花の中にそれぞれのテキスタイルがはめこんであった)あったんですが、こういうのって4種類揃ってないと見に来た人に趣旨伝わらないと思うんですけどね〜。
      開催期間中に3回太宰府に足を運びましたが(うち1回は初詣)結局一度も4種類のフライヤーが一同に揃ってるのにはお目にかかれませんでした;
      4種類のフライヤーを揃っておいてくれてたの太宰府天満宮じゃなくって県立美術館だったもの。
      ちょっと考えれば知名度からいってウニッコのフライヤーは多めに印刷しておくべきだってわかってもよさそうなんだけどね。


      というわけで、半分以上愚痴ですが;こういうイベントもありますよってことで。
      トラベラーズノートのアップってなると絶対にこの部分避けて通れないのわかってたのでずっとアップを迷ってて・・・そんなわけでさらっと読み流しておいてください(笑)
      意外性があってうわぁ!と楽しみにしてただけにその落差というか詰めの甘さが残念でした。
      なのでその後改装工事が終わったと新聞に載ってた竈門神社(神社っていうイメージとはかけ離れた部屋にお守りとかが売ってあって面白かったです)とラザニア食べて口直ししてきましたよ〜。
      ラザニアが追加料金なしで食べれるランチって珍しいからついつい頼んじゃう。
      クリーム系のパスタもおいしいんですけどね〜。



      DVC00842.jpg
      お隣、佐賀県の県立美術館でやってたナント美術館展。
      ナント美術館って聞いてもあたしはピンとこなかったんですが・・・ピカソ、モネ、ルノワール、シャガールと有名処が揃ってたのと、ロマン主義から印象派あたりのテイストが好きなあたしには好みストライクでしたね〜。
      全体的に好み!なものが多いから満足度が高かったです。
      購入はしなかったけど、オリジナルトートバッグのデザインも素敵だったし、切手やペーパーナプキンまで置いてあって・・・よく我慢できたねぇと自分を褒めてあげたかったくらい(笑)
      赤のレースペーパーは自分で染めたものですが、やっぱりこういうパキっとした濃い色はいいアクセントになって使いやすいです。



      そしてこのあと熊本に行って〜。
      当時のトラベラーズノートが気になる方はコチラからどうぞ〜。



      DVC00843.jpg
      国立博物館とリンクして、福岡市博物館でもボストン美術館関連の展覧会があってたので行ってきました。
      こちらは着物がメイン!
      ボストン美術館所蔵のものはもちろん、それ以外にも時代ごとの着物の変遷がわかりやすく展示してあって銘仙やアンティークな着物もがっつり見れたし、竹久夢二さんや高畑華宵さんの着物姿の女性を描いた絵だったり、簪も見れたし・・・とバラエティに富んだ展示がかなり面白かったです。
      入り口入ってすぐには60人もの女性が描かれた絵が展示されてたんですけど、それも明治〜昭和位のそれぞれの時代の最先端の服装になってて最初から見ごたえがありました!
      終わりの方に行ったのでもう一度いけなかったのが残念な位;
      チケットもアメリカの国旗柄の着物が隠れてるのがセンスいいなぁと思ってお気に入りの1枚です。

      そうそう、福岡市博物館と言えば・・・金印が展示されてるのでそちらもあわせてチェックしてきましたよ〜。
      わかっちゃいたけど、めっちゃ小さい!
      教科書でかなりズームされてたのを見慣れてただけに驚きました(笑)



      DVC00844.jpg

      イムズとパルコで共同開催?されてた「レゴブロックで作った世界遺産」。
      切抜きのサグラダファミリアや風車はもちろんのこと、かなりの数の世界遺産が作られてて写真撮りまくりでした(笑)
      あ、ちなみにこちらは写真撮影OKのイベントです。
      日本からも白川郷とか宮島とか日光東照宮とかがあったかな。
      ぱっと見てもレゴでここまでできるなんて!ってビックリするけど、それ以上にこれ作るのにどれくらいの時間がかかるんだろう?って考えたら気が遠くなりそうですよね。←細かい作業苦手な人(笑)
      子供ももちろん、レゴだと男性も楽しめるので、そういう意味では幅広い世代の人で楽しめるようになってた感じでした。
      あたし以上に夢中になってたのが約1名いたし(笑)
      童心に返るってこういうことなのね。



      DVC00845.jpg
      そして、時々お買い物スクラップ帖にもなります、トラベラーズノート。
      スケッチブックを使ってるのでかなりガシガシ貼れるのがいい!
      ここらへんはモレスキンと通ずるところがあるかな?
      載せてないページもけっこうありますが、こんな感じで2冊目終了です。


      3冊目・・・既に使い始めてはいるんですが、リフィルのコラージュアイディアが思い浮かばず・・・真っ白なまま使ってます。
      たまにだったらこういうのもありかしら・・・・・・?(笑)









      スポンサーサイト

      0
        • 2016.08.31 Wednesday
        • -
        • 23:27
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする








           
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << March 2017 >>

        Twitter

        blog visitors

        Instagram

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        • またまたありんこマステで暑中お見舞い
          不二子
        • またまたありんこマステで暑中お見舞い
          blue
        • 三原色のモレスキン
          不二子
        • 三原色のモレスキン
          不二子
        • 三原色のモレスキン
          雅風
        • 三原色のモレスキン
          ローズ
        • フォルムカードのコラージュ
          不二子
        • フォルムカードのコラージュ
          ローズ
        • f&K&2コラボ企画 vol.7
          不二子
        • f&K&2コラボ企画 vol.7
          不二子

        recommend

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        PR